きたまちスケッチ散歩

1300年間の歴史資源や文化遺産が残る「きたまち」。スケッチブック片手に、きたまちを散策してみませんか?

東大寺大仏殿と桜

東大寺大仏殿と桜
いつみてもスケールの大きさには圧倒される。

知足院

知足院
静かにものを考えたいときはココ。

鍋屋町交番跡付近

鍋屋町交番跡付近
サーベルを持ったおまわりさん出会えるかも・・・。

戒壇院付近

戒壇院付近
スクラムを組んだ石仏。
(絵・文 村田幸三)

東大寺転害門

東大寺転害門
最近は柵が出来て
門をくぐることが出来なくなった。

大佛鐵道記念公園

大佛鐵道記念公園
意外と知られていない
大仏鉄道記念公園のしだれ桜。
(絵・文 村田幸三)

たけだ商店 奈良阪
寺社の多い奈良では、古い様式や、千年以上も風雪に耐える文化財の河原が必要なのでしょう。 奈良阪のバス停前には、古い瓦工場があります。

瓦工場との関係があるのか分かりませんが、この辺りを歩いていると、屋根以外のところで瓦をアクセサリーに使っている家を、あちこちで見かけます。 般若寺近くで見つけた、瓦で出来た看板もそのひとつです。

他では滅多にお目にかかれない、鹿せんべいの製造元でした。 瓦とせんべい、どちらも焼き物なので関係があるのでしょうか?

手作りの竹のれんに、扇形の透かし模様の両開き扉。
赤い糸で吊された、魔除けの長刀鉾。
雨といから流れ出てきた、かわいい落ち葉。

思わずスケッチしました。 この辺りは、軒先アートが面白い。 竹や石、瓦や置物、花や壷、いろいろな物で、軒先をデコレーションしている家を見かけます。

一軒一軒、軒先を覗きながら歩いていると、思わぬ発見に心が和む町並みです。

今回は、奈良阪のバス停から、奈良豆比古神社→奈良阪浄水場→般若寺と歩いてみました。(絵・文 村田幸三)

佐保川

佐保川
奈良の街を縦断している川の一つに、佐保川があります。 この佐保川を北上していくと、今在家に出ます。 このあたりは、京都から奈良への入り口で、昔は大変栄えたところです。

奈良少年刑務所

奈良少年刑務所
あちこち興味深いところが多く、一つには街道筋の古い商店街。 その北側には、レンガ造りの少年刑務所。 コスモス寺で知られる般若寺等々…。 さらに北は奈良阪町。

奈良女子大学記念館

奈良女子大学記念館
今回は、この奈良阪をスタートし、左に大仏殿を見ながら南下、 奈良女子大記念館あたりから、近鉄奈良駅までの約5km。 その日の気分であちこちウォーキングしながら スケッチをお届けしました。(絵・文 村田幸三)

<<前へ 次へ>>

↑ページのトップへ