きたまち大学校 2015.03.01



第4回 きたまち大学校
今回は、東大寺のお水取りで有名な修二会の籠松明の竹を京田辺から東大寺まで運ぶ行事「二月堂竹送り」について、山城松明講社長松村茂氏に、また、東大寺建立の際に宇佐八幡宮より東大寺の守護神として勧請された手向山八幡宮について、手向山八幡宮宮司上司延禮氏にお話いただきます。皆さん、ぜひご参加ください。
【日時】平成27年3月1日(日)午後1時半〜4時(受付午後1時〜)
【場所】奈良女子大学S棟
【申込】不要
【参加費】100円(資料代)
【内容】『二月堂竹送りと竹のよもやま話』松村茂氏(山城松明講社長)
    『手向山八幡宮の歴史』上司延禮氏(手向山八幡宮宮司)
【主催】奈良市・奈良女子大学・旧鍋屋交番と奈良きたまちの会(なべかつ)・
 転害門前旧銀行建物活用協議会(てんかつ)・奈良街道まちづくり研究会
【問合せ】旧鍋屋交番きたまち案内所 0742-23-1928

チラシ(PDFファイル 492KB)をダウンロードする>>

↑ページのトップへ